NEW!
ナカモトフィルムの映画グッズ販売サイトがオープン!

バイク&映画ブログ ナカモトフィルムダイアリー

自主制作映画やスクランブラー&W650とかの
バイクネタが中心の日記。

【インプレ】トライアンフ スラクストンRに試乗!アルティメットカフェレーサーは伊達じゃない!

どーも、皆さん!カフェレーサー大好き野郎ナカモトだ!

今回はトライアンフの究極カフェレーサー!スラクストンRの試乗インプレッションだあああ!

 

カフェレーサーってカッコイイよね

いやー、いきなりですがカフェレーサーってカッコイイですよね。

低いハンドルにバックステップ、ロケットカウル。

うーむ、スクランブラーとはまた違う渋さを感じさせてくれる。

そんなカフェレーサー好きにはたまらんモデルをトライアンフが出してくれていたんですよ!

「トライアンフ スラクストンR!」

Rが付いていると、なんかスゲー早そうだ。

 

これぞカフェレーサー!なスタイリング!高級感がスゴイ!

今回もトライアンフ柏さんでスラクストンRを試乗させて頂いた!いつもありがとうございます!

おおー!!高級感がハンパない!パーツひとつひとつが全く安っぽくなくクオリティが高い!

スタイリングも純正っぽくなく、どこかカスタムしてる感があって超カッコイイ!

海外のカスタムビルダーが手掛けたような雰囲気がたまらん!

セパハンにバーエンドミラー、シングルシートにバックステップなどなど、これでもか!というぐらい男らしい渋さに溢れたモデルになっている。


どのパーツも高級感があり所有感を満たしてくれる素晴らしい完成度。

タンクもこんな感じでパカって開けられる。昔のトライアンフのタンクキャップのデザインを参考にしているらしい。

サスペンションもスポーツバイク用の物が使用されているし、トライアンフの本気度を感じたよ。

オーリンズ!高そう〜

 

ポジションは意外と快適!

さて!早速またがってみるぞ!

おお!これは!意外と快適!?

戦闘的なスタイリングと裏腹に、跨ってみると思ったよりも快適なポジションで驚いた。

もっと、腰が痛くなったり運転しづらそうなのを想像していたのだが、結構体勢は楽ちん。

まあ、ボンネビルT120とかと比べるとやはりしんどいがそれでもこのポジションには驚いた。

見た目で乗りづらそうと思っている人は是非一度またがってみてもらいたい。

セパハンだがハンドルはちょい高めだし、シート高もちょい低いので街乗り&ツーリングも快適にこなせそうだ。

 

意外と低速も扱いやすくて乗りやすい!

そんな感じで、またがってみると意外と快適だったのだが、実際に公道に出て走らせてみると…

結構低速も扱いやすい!

ちょっとアクセル回すだけでぶっ飛びそう…とおっかなビックリでアクセルを回してみたのだが、普通に回転数低めだとゆっくり走ってくれるので運転しやすいのだ。

でも、ズバッとアクセルを回すと、ちゃんとドッカーーン!と加速してくれるで、これがまた楽しい。

渋滞の時や駐車場内を走る時も、あんまり神経使わずに運転できそうでありがたい。

 

スポーツモードでかっ飛ばせ!

このスラクストンR、最新型のモデルだけあって、モード切り替え機能が装備されているのだ。

ある程度慣れてきたのでモードを「ロードモード」から「スポーツモード」に変更!

さて!どの程度乗り味が変わるのか検証!

おお〜!結構体感出来るぐらいに早くなっている!

回すと回した分だけ爽快に加速していくような感じですよ!このマシン!

ツーリングに行く時は、モード切り替えたら気分変わって楽しいんじゃなかろうか!

 

ボンネビルT120と比較!

同じ排気量であるボンネビルT120と比べると、乗り味は全く違った。

ボンネビルT120は低回転でもトルクもりもりで走ってくるのだが、スラクストンRは低回転だとトロトロ〜な感じで 、高回転でぶん回す方が楽しいバイクって感じだった。

アクセルを回すとシュイーーーン!っと一気に加速していくのがスゲー楽しい。

ボンネビルT120が長距離ツーリング向けで、スラクストンRはちょいスポーツ走行&プチツーリング向けなモデルに感じたよ。

 

空冷モデルのスラクストンと比較!

最後に空冷モデル時代のスラクストンと比較してみるぞ!

空冷スラクストンは、ボンネビルをカスタムしたようなモデルだったがスラクストンRは専用のフレームに専用のタンクなど、ボンネビルT120&T100とは完全に別のモデルな感じだ。

ポジションはスラクストンRの方がキツめかな?

乗り味はスラクストンRの方が僕は楽しかった。

空冷にこだわらないのであれば、今の僕だったらスラクストンRを購入するかなー。

「最新型の水冷エンジン」ってのが、カフェレーサーという速さを求めるキャラクターに合っているし!

今後もカスタムパーツたくさん販売されそうだしね!

 

アルティメットカフェレーサーは伊達じゃない!

そんなこんなでカフェレーサーの究極を追い求めたら、こんな形になったといっても過言ではないスラクストンR。

価格は180万円とかなり高価だが、完成度の高さを考えると妥当なのではないか!と思えてしまう。

ノートンコマンドとか300万円ぐらいだし。

そんなこんなで、アルティメットカフェレーサーというトンデモネームはマジで伊達じゃないです!

カフェレーサーというジャンルに興味のある人全員にオススメ!

 

走行動画はこちら!

今回もちゃんと走っている映像撮ってきましたよ!!

カフェレーサーなのにまったり走行だけど是非観てね!

 

気になった方は是非トライアンフ柏さんまで!

今回も車両はトライアンフ柏さんで試乗させて頂きました!いつもありがとうございます!

インプレ記事読んで気になった関東の方は是非トライアンフ柏さんへ足を運んでみておくれ!

ツーリングスポットなど色んな情報を教えてくれるぞ!!

→トライアンフ柏様

 

ナカモトモータース

ナカモトフィルムのサブチャンネルを作ってみました!
その名も「ナカモトモータース」!
バイク関連の動画をアップしていこうと思うので、ライダーの方やバイクに興味のある方は是非チャンネル登録を!

ABOUT

ナカモト ユウ

夢を追う男。

トライアンフ スクランブラー&カワサキ W650がライダーマシン。

週1ぐらいで、自主制作映画やバイク、自分の身の回りのことを書いていこうと思ってます。

本業はWebデザイナーです。勉強がてらに自分でサイト作ってみました。ブックマークしてね。

  • follow us in feedly
  • Instagram